スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Riot製作



久々のRiotです!
今回はゲインをアップして欲しいとの事で、何箇所か変更してあります。

ブレボで調整して定数を決めていきます。



レイアウトを作って基板につけていきます。





組み込んで完成です!





音だし



ミドルが太めのディストーションて感じです。
バンドサウンドでも埋もれない音作りが可能かと思います!

JanRay製作



今回は少し手を加え、ゲインとボリュームを2セットで切り替えられるように作りました!

基板
なかなか使いやすいより線が見つからないです^^;
中の線が切れてしまったり、皮膜が剥きにくかったり…





先に基板以外を配線しておきます。
ポットにはピン番号、名前を書いておきます。



基板を組み込んで完成!





Aチャンネル、Bチャンネルで、それぞれゲインとボリュームを設定しておくことによって、ボリュームだけを上げたり、ゲインだけを上げたり出来ます(^^)

音だし



ミドルが強いのか、とても硬い音な印象です。
なんとなくRiotと似ている感じがします。

Hotcakeもなのですが、バイアスをぴったり半分にしていないんですよね…
ここら辺に音の太さの秘密があるのかもです。

多機能ジャンクションボックス製作



パワーサプライ、ブースター、スプリッター回路のチューナーアウトを詰め込んだジャンクションボックスです!

まずはサプライ側から作っていきます。

基板





放熱を兼ねてケースにねじ止めします。



電圧チェック



次にブースター、スプリッター回路の基板を組み込みます。













配置を考える時に、平面だけでなく、立体で考えるのが難しかったです^^;

センド側にはブースター、チューナーアウト側にはバッファを通し、信号を一方通行にすることによって不具合対策をしてあります。

スプリッター回路のチューナーアウトは、スイッチ要らずなので結構便利かもですね!

Centaur製作



久々のケンタウルスです!

基板を作っていきます。
結構大きいので集中力が途切れぬように頑張りました^^;
プリント基板でやった方がいい気がします…´д` ;





側面にトグルスイッチを付けるので、幅に注意しつつ穴をあけます。



クリッピング切り替えとトゥルー、バッファードバイパス切り替えスイッチです。



配線はこんな感じに



組み込んで完成!



左からボリューム、トーン、ゲインです。



右がバッファ、トゥルー切り替えです。
下の時がバッファードバイパスになります。

左がクリッピング切り替えです。
下の時がゲルマニウムダイオードクリッピング、上の時はFETクリッピングになります。



音だし



ゲインを上げた時も下げた時も使える音です!
クリッピング切り替えもしっかり使い分けが出来るかと思います(^^)
派手な効果はないのですが、弦の鳴り方が気持ち良いので、ギターを弾きたくなるエフェクターだと思います!

Hotcake 3knob製作



オーバードライブのようなファズのような不思議なエフェクターです!

基板はかなり小さく収められます(^^)
うまくやればブースターサイズでいけるかもですね!





組み込んでいきます!
布巻き線は自分は使いにくく感じたのでやめにしました^^;
今回はBeldenの8503と8530を使用しました!
今後いろいろ試していきたいと思います(^^)



完成!
左がGain、真ん中がPresence、右がVolumeです。



音だし



ゲインをあげるとファズのようなぶっといサウンドに、絞っていくとキラキラとしたオーバードライブサウンドへと変化していきます!

回路的にはクリッピングダイオードなどがないので、やっぱりファズに近いのかなぁと思います。
ファズでギターのボリュームを絞った時の音にも似ていると感じました。

それとオペアンプの出力段では増幅率が高過ぎて発振しているようなのですが、その後の回路を通り、アウトプットから音を出すとしっかり馴染んでいるのが不思議だなぁと思いました。
ここにもキラキラの秘密がありそうです!

クリッピングなしでこんな音が作れるなんて凄いです!(◎_◎;)
色々勉強してみたいと思えるエフェクターでした(^^)

プロフィール

フォローお願いします!

ゆうたむら/soundfrog@soundfrog

yutamura3

Author:yutamura3

最新トラックバック

連絡等はこちら

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。