スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクターバー(YAMAHA OC-1)製作



先日のプリント基板を使ってオクターバーを作りました(^^)

プリント基板製作編

ソケットからハンダ付けしていきます。





プリント基板のハンダ付けって難しいんですね…
はんだがなかなか広がってくれなくて手こずりました(;´Д`A

抵抗類もどんどんくっつけていきます。



最後にコンデンサ、線材類をはんだして完成。



ところどころ裏側から配線を出せるようにしてみました(^^)



ポット、スイッチを先に繋げておきます。



組み込んで残りを配線して完成!





左がエフェクトボリューム、右がボリュームです。
トグルスイッチは位相反転スイッチで、使用環境によってしっかりとエフェクトがかかる方に切り替えます。

音出し
なんかこの動画最後バグっててびっくりするんで気をつけて下さい(;´Д`A
お化けはでません…



オクターバーどうこうではなく、このエフェクターでないと出せない音がありますね(^^)
"オクターバー"としてはたぶんデジタルのものの方がキチッとした音になると思います。
まぁ音の良し悪しなんて好みになっちゃうのでどっちがいいとは言えないですね。
好きな物を使いましょう!笑

オクターバー(GreenRingerMod)制作



GreenRingerの回路図を参考にオクターバーを作ってみました。
元のはコレ↓


少し手を加えたのがコレ↓


すみません。サムネわからんとです…

変更点は
全体の音量を大きくしてボリューム調整をできるように
オクターブのミックス具合を調整できるように
あとはパーツをいろいろ交換してみて良かったセッティング、といった形です。


もちろんケースは緑です!

今回は秘密兵器を使います。



ホットボンドで枠を作ってあるので、そこにカポッとはめて


使いたい穴をマーキング!


フットスイッチ、LED、つまみふたつをマーキングしました。
10分くらいしか短縮できないですが、精神的にだいぶ楽です!


アクリル板にも穴をあけてケースは完了。


レイアウト通りにパーツを乗っけてハンダ付け。


オペアンプないと楽だわぁ



組み込んでゆきます。


簡単なのから配置。



電池は無しです。
オクターバー使う人ならきっとパワーサプライ持ってるだろう…

完成!
左のつまみがミックス、右がボリュームです。


お久しぶりに一発で音がでませんでした。
電源とアース繋ぐの忘れてた(-。-;
すぐわかるミスでよかったぁ!

音出し!
最初はファズのみで後半がファズ➕オクターバーです。
ミックスつまみグリグリしてます。


クリーンでやるとあまり違いがわからないですね…
コンプかけると、少しはっきりします。
だいたいオクターブがでてるのかもよくわからんです(−_−;)

一応アナライザー?的なのをやってみました。
上がファズのみ、下がオクターブ➕ファズ


同じ


周波数については、高音の減衰が少ない以外はほとんど同じでした。

波形の方はだいぶ変な形です。
なんかオクターバー自体の音がエグいんで、ファズみたいな歪をしているんだと思います。
まさにケバケバしい感じ。
位相とか逆位相とかはよくわからん(・_・;

あと使い方によってコード感が薄れたりしますね…
でもスカッとする音なんで弾いてて楽しいです!

ダウンのオクターバーもつくってみました!
OC-1

続きを読む

プロフィール

フォローお願いします!

ゆうたむら/soundfrog@soundfrog

yutamura3

Author:yutamura3

最新トラックバック

連絡等はこちら

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。