スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JetPhaser製作



8段位相回路にディストーションを搭載したフェイザーです!

今まで作った中で1番大きい回路でした…笑

まずはプリント基板をつくります。

ラミネーターで転写



エッチング、穴あけ



パーツをハンダ付け





ケースにも穴を開けました。



基板以外を先に配線します。



高さのあるケースを使用し、スイッチやジャックの上に基板を設置しました。



完成!



つまみについて左から

・RATE
うねりのスピード

・TONE
JET時のトーン

・DEPTH
うねりの深さ

・RESONANCE
うねりの迫力、音量差

・JET/CLEAN VOLUME

それぞれの音量
を調整します。

フットスイッチは左から

・SPEED変更スイッチ
モーメンタリースイッチになっていて、押してる間、だんだんスピードが早くなり、離すとだんだん遅くなります。

・JET/CLEAN切り替えスイッチ
クリーンなフェイザーに切り替えます。
LEDがJET時に赤、CLEAN時に青へ変化します。

・ON/OFFスイッチ
OFF時はトゥルーバイパスになります。

音だし

ギター
後半はオーバードライブとクリーンチャンネルです。



ベース




最高に楽しいフェイザーです!

RATEを遅くしてうっすらかけるも良し、DEPTHを最大まで上げてギュワンギュワン言わせるも良しで、幅広く使えるのではと思います!

更に演奏中にSPEEDスイッチを踏めば訳のわからないフレーズも弾けちゃいますね(^^)

コメント

非公開コメント

プロフィール

フォローお願いします!

ゆうたむら/soundfrog@soundfrog

yutamura3

Author:yutamura3

最新トラックバック

連絡等はこちら

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。