FOXX ToneMachine製作|ゆうたむら/SoundFrogの自作エフェクターブログ

2015
04/26
03:44

FOXX ToneMachine製作

ファズ、オクターバー|CM:0|TB:0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



オクターブのオンオフができるファズです!

今までわざわざ画像サイズを小さくしてからアップしていたのですが、そのせいで画質が悪くなっていたようです( ;´Д`)
自分の環境(iPhone)では大きいサイズでアップしても問題なく見れました!
画像がでかすぎる等問題があったら教えて下さい!

実験機で試作してみました!
クリッピングの一つをLEDに変更。
これによってしっかりとオクターブがかかるようになりました(^^)
それとサスティンの効きが極端すぎて使いにくかったのでアースを取っ払い、使いやすくモディファイしました。



ポイントトゥポイントで配線していきます。



最近抵抗を立てないでの配線に挑戦してます。
あんまりメリットはないと思いますが、ちょっとかっこ良く見える気がします(^^)



それと今まで何となく嫌っていた斜め配線もとりいれてみました!
悪く無い気がします。



ケースとアクリルを穴あけ。



フットスイッチ、トグルスイッチ、ジャック類、LEDを配線しておきます。
ジャックはモノラル×2でやりました。
この方がスペースが確保できるので、ぎりぎりのレイアウトをやる場合は役に立ちます(^^)



基板とポットを配線



組み込んでいきます。



9Vやアースなど残りを配線して完成!



下地が黒だったので灰色で転写してみました。
ほんとは白を使いたいんですけどプリンター的にできないんですよねー´д` ;



音出し
左からサスティン(ゲイン)、トーン、ボリュームです。
右上のトグルスイッチでオクターブのオンオフを切り替えます。



ファズかつオクターバーなのでコードは濁ってしまいますが、単音は凄いしっかりとした音がでます!
それぞれのつまみの効きも絶妙で好みの音が作りやすいのではないかと思います(^^)
関連記事