スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベース用EQ付きブースター製作



製作という字がどれだかわかりません…
今まで間違ってたっぽい(#^.^#)
面倒なのでなおしません!

XoticのRCBoosterを参考に、ベース用のEQ付きブースターを作りました。

いつもはノートに手書きで回路図やらレイアウトを書いていたのですが、今回はEAGLEというソフト?を使ってみました!

回路図


レイアウト


穴あけの位置を決めて、アクリル板をヤスリます!


今回から新兵器"卓上ボール盤"を投入しました。
結構でかいです^^;


まだ使い方に慣れてないからかもしれないですが、感想としてはビミョーでした…(;´Д`A
場所をとるし、鉄くずがすごい散らばるし、ドリルの交換が手間だし、パワーの変更も手間だし…って感じです。
穴は綺麗にあきますが、どうせナットで隠れるのであまり意味がないです^^;
自分はプリント基板に穴を開ける為に買ったので、ついでにケースもいってみるか!という感じですが、ケースだけの為にわざわざ買うのは失敗な気がします…
それならステップドリルを買った方が絶対にいいと思います(^^)

こんな感じにあきました。



やりやすい所からハンダ付けしていきます。



コンデンサのC7、C8はBassの可変抵抗に直接ハンダ付けしてしまいます!
こうすると、基板作りがグッと楽になります!(^^)



今回は先に可変抵抗を基板に配線しておきました!





ケースに詰めていきます。



線をまとめて、



完成!



音出し
左上がGain、右上がVolume
左下がTreble、右下がBassです。
Gainは歪ませるというよりも、音の粒が揃うような可変幅にしました。



なんか動画再生できなかったっぽいんですが、-nocookieていうのを消したら再生できるようになりました。(;´Д`A
よくわからんです。

ベース用のエフェクターはあまり作って無かったのですが、ちょくちょく依頼を頂けるので、そっちも少し勉強していきたいと思います(^^)
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

フォローお願いします!

ゆうたむら/soundfrog@soundfrog

yutamura3

Author:yutamura3

最新トラックバック

連絡等はこちら

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。