スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BluesBreakerMod



ブルースブレイカーのモディファイバージョンです!
変更点は
・ゲインを絞っても抜ける音へ
・トーン幅を広く
・最大歪を少し下げる
・Fatスイッチ的な物をつける
といった感じで、ローゲインがメインになるようにモディファイしました。

ptp配線です。







ポットなどを基板に配線します。



そのまま組み込んで完成!



左から
ゲイン、トーン、ボリュームです。



音出し



トーンを絞った音が好みです!
自分はこもった音はあまり好きではないのですが、このエフェクターの場合は艶っぽくなります。
弦の分離感が失われないので、平べったくならずに丸くなる感じです(^^)

Fatスイッチは強調する帯域をロー側に変更できます!

歪具合も上から下まで使える音に出来たと思います!
スポンサーサイト

バッファ付きジャンクションボックス



初めてのジャンクションボックス製作です!

インプット→バッファ→センドorチューナー

リターン→バッファ→アウトプット

となっています。

位置を決めて穴あけします。





レーザー加工がとても綺麗です!



バッファ部分の基板です。
自分は内側から配線していきます。
その方がヘルピングハンズが活躍しやすいかと思います!





最後に電解コンデンサを配線します。





今回は配線をしやすくするため、スイッチを横向きにしました!



基板も組み込んで完成!



ボードの淵をよけるため、高さのあるケースを使用、ジャックの位置も高めにしました。



チューナーアウト/センドは青と緑で切り替わります。






小型なジャンクションボックスをお探しの方にオススメです!

スイッチャー製作×3



3種類のスイッチャーを作ったので、まとめて紹介していきます!
それとレーザー加工に挑戦しました!

1.タッキーのケースのスイッチャー



タッキーパーツドットコムてとこで買えるケースを使ったスイッチャーです。



スイッチは右からチューナーアウト、A/B、C、Dとなっています。

チューナーアウトをオンの時は、右のLED以外が消えるようになっています。

A/B切り替えは踏むたびにセンドAとセンドBが切り替わります。
LEDは2色のものを使用しました!
Aの時は赤、Bの時は緑という感じです。





C、Dは普通のセンドリターンです。
ミックスが綺麗です(^^)





作る上での話ですが、

メリット
見た目がかっこいい
もともと穴があいている

デメリット
重い
高い
穴のサイズが使用したいパーツと違う
穴が余る
内側の淵が邪魔で作りにくい

といった感じです^^;

スイッチもジャックも配線しにくいんですよね、、




2.ギャレットのケースのスイッチャー

ギャレットオーディオで買えるループボックス用ケースを使用したスイッチャーです。



上側にDCジャックを装着します!
自分は外側をナットで固定するタイプを使用しています。
組み込む前に配線が可能なので、やりやすいです(^^)





ジャックの線が1番邪魔になるので、それ以外を配線してから、取り掛かります。



完成!





スイッチは右側からA/B、C、Dです。

Aが緑



Bが赤



C、Dは青

こちらもレーザーのおかげで、綺麗に光ります!






3.1590BBサイズのループボックス

ループボックスとスイッチャーの違いがよくわかりませんが、自分的には大きさで使いわけています。

ジャック以外の配線をして、



ジャックを繋いで完成!





右がA/B切り替えスイッチ、左がスルースイッチです。
センドAの時は右が、Bの時は左が、青に光ります。



スルーにした時は赤に光ります。
これでA/Bのどっちが待機状態かすぐにわかります!




という感じでLEDが大活躍なスイッチャー製作でした!

アクリル転写まとめ



自分はこんな感じでロゴ転写してるよー的なまとめです!

転写したいロゴや模様を用意します。



これをレーザープリンターで印刷するのですが、印刷用紙にはこれを使います。



準備完了!



ラミネーターを用意します。
自分はこれを使っていますが、温度調節機能がついていれば、他のでもいけるかもしれないです!



2mmアクリル板にロゴを水で貼り付けます。
あまり分厚いとラミネーターに入らないので、2mmが限界かと思います。



アクリルを熱から守るために、適当なコピー用紙で挟みます。
貼ってない側は二重になっています。





とりあえず温度は三番目の高いので、





少しだけ剥がしてみます。
熱が足りなかったようです…
どうもラミネーターの温度調節は不安定らしくて、一発でうまくいく時といかない時があります^^;
なので一気に剥がさず、確認しながら剥がします。



失敗した場合は、水で貼り直してもう一度通します。
二回目以降は一番下の低温でやっていきます。



確認しつつ剥がし、大丈夫そうなら水で流します。
スポンジを使うとインクが落ちるので、指でこすって紙を落としていきます。



うまく出来ました!
洗った時にインクが落ちてしまった場合は、もう一度ロゴを上から貼り付けてやり直しです(;´Д`A
全部消してからやり直したい場合は、適当なコピー用紙でこすると早く落とせます!





逆に熱が加わり過ぎて、アクリルが濁ってしまう場合もあります。



そんな時はターボライターで炙ってあげます。
軽傷ならこの方法で修復が可能です!
やり過ぎると溶けます^^;
ヤケドにも注意してください!





だいたいこんな感じですね…
結構手間です(;´Д`A

白いインクが無いため、その辺は灰色とかで代用する必要があります。
黒以外で転写すると透過だかなんだかで光ったりします笑



アクリルを銅板に変更すればプリント基板もつくれます!
レーザー彫刻や塗装よりかは自宅で手軽にできるので、是非やってみて下さい!

プロフィール

フォローお願いします!

ゆうたむら/soundfrog@soundfrog

yutamura3

Author:yutamura3

最新トラックバック

連絡等はこちら

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。