スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DualBooster製作



DODのOverdrive250と、MXRのGT-ODを合体させたエフェクターです!
原音をミックスすることができるので、生音っぽさを保ったまま歪ませることができます(^^)

基板はオーバードライブ×2とミックス回路があるので、少し大きめです。





配置を決めて穴をあけます。
今回はHammond1590XXという大きめの
ケースを使用しました。
ギャレットでは入荷未定だったため共立エレショップで購入しました。



スイッチ周りから配線していきます。



今回は銅板が余っていたので、LEDを固定する台みたいのを作ってみました。



基板にボリューム類を繋いでいきます。





組み込んで絶縁して完成です!
絶縁にはプチプチを使っています。





左側がMXRのGT-OD、右側がDODの250になっています。
つまみが左から
vol.tone.gain.gain.vol

下の2つはミックスつまみになっています。

音だし



荒くて太い歪の250、細かくてキラキラした歪のGT-ODと、それぞれキャラが違うので、リード時は250で~などなど、とても幅広く使えるのではないかと思います!
スポンサーサイト

昇圧回路付きパワーサプライ



ケンタウルスなどで使用するMax1044を組み込んだパワーサプライです。
簡単に17Vや、-9Vを出力できるので、エフェクター作りにもってこいです(^^)

定規で穴あけ位置を決めます。



アクリル板ごと穴をあけます。



基板はこんな感じです。
LED用の抵抗も一緒にのっけました!



基板とジャック類、コンデンサ、スイッチを配線します。
スイッチは電源のオンオフです。
右端のが17Vの出力で、他のは9Vになっています(^^)



電圧チェック…





しっかり昇圧できていました(^^)

完成!



昇圧サプライいいですねーo(^_^)o
手持ちのブースターを試しに繋いでみたところ、ブワッと低音がでてきました!
キャラが変わってしまう程の変化ですので、向き不向きもあると思いますが…^^;
絶対自分用にも作ろうと思いました!
ちょっとパソコン周りをスッキリさせたいので、いろいろと構想中です(^^)

迂闊に使うとエフェクターが壊れる可能性もありますので、しっかり耐圧を調べてから使いましょう!

プロフィール

フォローお願いします!

ゆうたむら/soundfrog@soundfrog

yutamura3

Author:yutamura3

最新トラックバック

連絡等はこちら

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。