スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクターバー(GreenRingerMod)制作



GreenRingerの回路図を参考にオクターバーを作ってみました。
元のはコレ↓


少し手を加えたのがコレ↓


すみません。サムネわからんとです…

変更点は
全体の音量を大きくしてボリューム調整をできるように
オクターブのミックス具合を調整できるように
あとはパーツをいろいろ交換してみて良かったセッティング、といった形です。


もちろんケースは緑です!

今回は秘密兵器を使います。



ホットボンドで枠を作ってあるので、そこにカポッとはめて


使いたい穴をマーキング!


フットスイッチ、LED、つまみふたつをマーキングしました。
10分くらいしか短縮できないですが、精神的にだいぶ楽です!


アクリル板にも穴をあけてケースは完了。


レイアウト通りにパーツを乗っけてハンダ付け。


オペアンプないと楽だわぁ



組み込んでゆきます。


簡単なのから配置。



電池は無しです。
オクターバー使う人ならきっとパワーサプライ持ってるだろう…

完成!
左のつまみがミックス、右がボリュームです。


お久しぶりに一発で音がでませんでした。
電源とアース繋ぐの忘れてた(-。-;
すぐわかるミスでよかったぁ!

音出し!
最初はファズのみで後半がファズ➕オクターバーです。
ミックスつまみグリグリしてます。


クリーンでやるとあまり違いがわからないですね…
コンプかけると、少しはっきりします。
だいたいオクターブがでてるのかもよくわからんです(−_−;)

一応アナライザー?的なのをやってみました。
上がファズのみ、下がオクターブ➕ファズ


同じ


周波数については、高音の減衰が少ない以外はほとんど同じでした。

波形の方はだいぶ変な形です。
なんかオクターバー自体の音がエグいんで、ファズみたいな歪をしているんだと思います。
まさにケバケバしい感じ。
位相とか逆位相とかはよくわからん(・_・;

あと使い方によってコード感が薄れたりしますね…
でもスカッとする音なんで弾いてて楽しいです!

ダウンのオクターバーもつくってみました!
OC-1

続きを読む

スポンサーサイト

ノイジーな発振器完成



ついに完成しました!

基板をハンダ付け。
スイッチの配線もいつもと変えています。



穴あけ



DCジャックやらなんやらを配線



可変抵抗の配線
2番3番を繋げたりするときは、あらかじめ余った線を穴に通してハンダ付けしておきます。
サッとやらないと熱で壊れてしまいます。



どんどん組み込みます。





ぴょろっと外に出します。



100均で買った家具に貼るクッションのシールを貼ります。



またまた100均で買った鉄製のボタン(服とかのやつ)に線を通してハンダ付け、ホットボンドで固定します。



鉄製なので電気を通します。

完成!





左上がパワー、右上がトレモロ、真ん中がボリューム、左下右下がトーンです。
スイッチ横のふたつは触ると音が変化します。
LEDがトレモロスピードに同期して点滅します。

音だし



ボタンに触ると電気が自分の身体を通ってアースに流れて音が変わります。(たぶんそんな感じ)
めちゃくちゃ痛いです。うそです。
でもなんか悪影響があるかもしれないですね…

触る人によって音が違かったりするのだろうか?
もしそうなら完全にオリジナルなエフェクターになりますね!

発振器なんて最初は興味なかったんですけど割と楽しいです!
制作依頼もうけますのでどしどしご応募くださいまし!

購入して下さったpahcekさんが詳しく記事を書いてくれました(^^)



プロフィール

フォローお願いします!

ゆうたむら/soundfrog@soundfrog

yutamura3

Author:yutamura3

最新トラックバック

連絡等はこちら

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。