スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NutubeBassOverdrive



次世代真空管「Nutube」を使用しベース用オーバードライブを作りました。





Nutubeはこんな感じに小さいので、エフェクターに搭載しやすいです!
また必要な電圧も低く、9Vでも動かすことが出来るので、感電などを気にせず設計することができます!
KORGさんのページで詳しいデータが見られます。

基板はこんな感じです。






そして今回は、普段お世話になっている方々にHATAさんの筐体とノブ、ワッシャーをお借りすることが出来ました!
実物はもっとギラギラしてます!



組み込み後
半固定抵抗はNutubeのバイアスです。



音出し




「バラードでも使える歪み」に焦点を絞り作りました。
歪むか歪まないかの境目に設定することで、音にハリが出て抜けるサウンドに変化します!
原音を生かしつつ存在感を出したい方にオススメです。

回路はブースター+Nutube2段となっております。
Nutube自体ではそこまで増幅が出来ないので、ブースターで音量を稼ぎ、それをNutubeに過入力させて、歪ませています。
ダイオードクリップを使用せずに歪ませることで、上手くNutubeを活かせたかなと思います!
スポンサーサイト

新作OD"HOURGLASS"



新作オーバードライブ
"HOURGLASS"
が完成しました。

デザインは今回もSPACE SUPER MARKETさんに描いて頂きました。

基板はポイントトゥポイント配線で作ってあります。






使用パーツ

パーツを色々と試行錯誤して決定した為、一貫性が無いですが、それぞれの良さを上手く組み合わせることが出来ました。


ハンドメイド系では敬遠されがちなセラミックコンデンサを、あえて高域側に使うことで、特徴的なギャリッとした音に仕上がっています。

またアンプなどに使われるEROのフィルムコンデンサを使用し、余裕の感じられる甘いサウンドに仕上げました。
このコンデンサはトーン回路のカット側にも使用していて、これにより気持ちの良いこもり方をしてくれます。




オペアンプは20種類程からブラインドテストをして、バーブラウンのOPA2134を採用しました。
NJM062、4580なども特徴的で良かったのですが、もっともクッキリしていて、理想に近かったOPA2134に決定しました。




バイパスコンデンサにはOS CONを使用しました。
Muse、FineGoldなどに比べ、柔らかな歪み感に仕上がっています。




抵抗も音の変化を聞きながら、炭素被膜、金属被膜、カーボンソリッドを決めていきました。




特徴的なところではノンクリッピング回路を採用しました。
多くのオーバードライブは、シリコン、ゲルマニウム、LEDなどのダイオードで波形をクリップし歪みを作っているのですが、HOURGLASSではそれらダイオード類を使わずに、オペアンプ自体で歪みを作っています。

これはオーバードライブを作ろうと考えた時点から決めていて、そこから回路を組んでいきました。

ノンクリッピングにすることによって歪み量は減るのですが、一枚膜を破ったような、クリアかつキラキラとしたサウンドが得られます。


ジャックはSwitchcraft
フットスイッチはAlpha
可変抵抗はGarrettaudio Original
配線材にRemington Industries
はんだにはAlmit KR19を使用しています。

この辺は特に頑丈さを重視して選んでいます。




組み込み後






サウンド

試奏動画はトランジスタアンプ、真空管アンプをそれぞれストラト→テレキャス→レスポールの順にマイク撮りをしました。

ROLAND JC120
クリーンの状態で撮影





MARSHALL JCM2000
軽く歪ませて撮影






抜けが良く、弦の揺れを感じられ、トーンを絞れば落ち着いた音も出せます。

手元の反応もいいので、かけっぱなしでも使いやすいです。

ギターの鳴り、キャラクターをグッと押し出していくので、あまり加工した音は出したく無いなぁという方には特におすすめです。




価格、仕様など

電池の使用は不可になっています。
パワーサプライ等、センターマイナス9V電源のご用意をお願い致します。

製品版の底面はアクリルではなく、通常の蓋になります。


価格は21600円+送料となります。

ケースカラー、LEDカラーがお選び頂けます。
品切れの場合もございますので、その時は追加でご連絡させて頂きます。






ご購入、ご相談等はこちらからご連絡下さい。
soundfrog

試奏可能な店舗もございます。

東京都
喜楽ミュージックウェアハウス

千葉県
伊藤楽器松戸店

Centaur製作



久々のケンタウルスです!

基板を作っていきます。
結構大きいので集中力が途切れぬように頑張りました^^;
プリント基板でやった方がいい気がします…´д` ;





側面にトグルスイッチを付けるので、幅に注意しつつ穴をあけます。



クリッピング切り替えとトゥルー、バッファードバイパス切り替えスイッチです。



配線はこんな感じに



組み込んで完成!



左からボリューム、トーン、ゲインです。



右がバッファ、トゥルー切り替えです。
下の時がバッファードバイパスになります。

左がクリッピング切り替えです。
下の時がゲルマニウムダイオードクリッピング、上の時はFETクリッピングになります。



音だし



ゲインを上げた時も下げた時も使える音です!
クリッピング切り替えもしっかり使い分けが出来るかと思います(^^)
派手な効果はないのですが、弦の鳴り方が気持ち良いので、ギターを弾きたくなるエフェクターだと思います!

Hotcake 3knob製作



オーバードライブのようなファズのような不思議なエフェクターです!

基板はかなり小さく収められます(^^)
うまくやればブースターサイズでいけるかもですね!





組み込んでいきます!
布巻き線は自分は使いにくく感じたのでやめにしました^^;
今回はBeldenの8503と8530を使用しました!
今後いろいろ試していきたいと思います(^^)



完成!
左がGain、真ん中がPresence、右がVolumeです。



音だし



ゲインをあげるとファズのようなぶっといサウンドに、絞っていくとキラキラとしたオーバードライブサウンドへと変化していきます!

回路的にはクリッピングダイオードなどがないので、やっぱりファズに近いのかなぁと思います。
ファズでギターのボリュームを絞った時の音にも似ていると感じました。

それとオペアンプの出力段では増幅率が高過ぎて発振しているようなのですが、その後の回路を通り、アウトプットから音を出すとしっかり馴染んでいるのが不思議だなぁと思いました。
ここにもキラキラの秘密がありそうです!

クリッピングなしでこんな音が作れるなんて凄いです!(◎_◎;)
色々勉強してみたいと思えるエフェクターでした(^^)

BluesBreakerMod



ブルースブレイカーのモディファイバージョンです!
変更点は
・ゲインを絞っても抜ける音へ
・トーン幅を広く
・最大歪を少し下げる
・Fatスイッチ的な物をつける
といった感じで、ローゲインがメインになるようにモディファイしました。

ptp配線です。







ポットなどを基板に配線します。



そのまま組み込んで完成!



左から
ゲイン、トーン、ボリュームです。



音出し



トーンを絞った音が好みです!
自分はこもった音はあまり好きではないのですが、このエフェクターの場合は艶っぽくなります。
弦の分離感が失われないので、平べったくならずに丸くなる感じです(^^)

Fatスイッチは強調する帯域をロー側に変更できます!

歪具合も上から下まで使える音に出来たと思います!

プロフィール

フォローお願いします!

ゆうたむら/soundfrog@soundfrog

yutamura3

Author:yutamura3

最新トラックバック

連絡等はこちら

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。