スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TubePreAmp製作(組立編)



おはなし編の続きになります。

回路が決まったので組み立てていきます。
ケースは1590P1で作りました。
もう少し大きい方がやりやすいかと思います^^;

というのも、高電圧を扱うため、抵抗もコンデンサも高耐圧でないといけないからです。
基本耐圧に比例してパーツが大きくなっていきます。





可変抵抗はスペースの問題で小さいボックス型です。



広く使えるので基板を縦にしています。
上下左右いっぱいいっぱい使いました。



真空管ソケットに配線していきます。



完成!



本当はこんな感じにハンドルを使って真空管をカバーしたかったのですが、



長さが足りる物が出回っていなかった為、スペーサー、アクリル、スペーサー、アクリルと重ねてカバーしています。



音だし



低音が凄く気持ちいいです!
全体的に柔らかい音な気がしますね(^^)
これがあればおうちのアンプが真空管アンプに早変わりです!

関連記事

コメント

centaurの配線について

はじめまして。
centaurの自作を考えていまして、このブログに行き着きました!
centaurの自作でバッファード、トゥルーバイパスの切り替えスイッチをつけていらっしゃいますが、どのような配線なのか教えて頂けないでしょうか?
ぜひ参考にさせて頂きたいのでよろしければ教えて頂きたいです!

Re: centaurの配線について

はじめまして!

こちらに画像を追加しておきましたので、チェックしてみてください(^^)

http://yutamura3.blog.fc2.com/blog-entry-69.html?sp%22

centaurの配線、確認させて頂きました!
とても分かりやすく、勉強になります!
時間が出来たら、僕も自作を考えているので参考にさせて頂きます!!
非公開コメント

プロフィール

フォローお願いします!

ゆうたむら/soundfrog@soundfrog

yutamura3

Author:yutamura3

最新トラックバック

連絡等はこちら

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。